d0269903_155036.jpg

d0269903_155085.jpg

ヴィッセル神戸vs浦和レッズ @ノエビアスタジアム神戸

神戸 1 - 浦和 1

梅崎司(浦和)27分
渡邉千真(神戸)84分

20日の神戸vs浦和の試合はTV中継で見ました。

梅崎のゴールで先制しました。
しかし、宇賀神が2回警告を受けて退場になった後は10人で戦いました。

84分神戸の渡邉に同点にされたましたが、1対1の引き分けで前期優勝が決まりました。
あくまでも前期優勝は「通過点」と考えているので、年間王者になることしか考えたくありません。

前期優勝で思い出したことは04年の後期優勝ですが、その時は横浜Mとのチャンピオンシップに敗退したので、浦和の方が年間勝点が多かったのに優勝は横浜Mになりました。
それだけでなく、プロ野球プレーオフで1位のチームが日本シリーズに出られなかったことも思い出しました。
昨年10月の浜松出張の頃はセ・リーグのプレーオフが行われていました。
同じ売場に静岡県某店の社員が応援に来ていましたが、その人は巨人ファンで、「日本シリーズに出られないのが悔しい」と話していました。

その人とは連絡を取っていませんが、プレーオフや前後期制での優勝の価値について疑問を持ってしまいました。
[PR]
by red_primrose | 2015-06-30 01:05 | 浦和レッズ | Comments(0)

d0269903_16172354.jpg

d0269903_16172326.jpg

d0269903_16172384.jpg

浦和レッズvs清水エスパルス @埼玉スタジアム

浦和 1 - 清水 0

興梠慎三(浦和)52分

この日は久しぶりの生観戦で、興梠の1得点で勝ちました。

浦和の前期優勝の可能性は持ち越しになりましたが、もしも前期優勝したとしても「通過点」だと思います。
[PR]
by red_primrose | 2015-06-20 16:17 | 浦和レッズ | Comments(0)

昭和ギャラリー西川口

d0269903_2019458.jpg

埼玉スタジアムに行く前に、昭和ギャラリー西川口に行きました。
駄菓子屋さんのような店内で、昭和の食品パッケージや銀行・信金などのキャラクター人形が展示されていました。

浦和レッズの試合があったのでゆっくり見られないのが残念でした。
日曜になかなか行くことができないのが残念ですが、また行きたいと思います。
[PR]
by red_primrose | 2015-06-09 20:19 | Comments(0)

d0269903_0402790.jpg

5月30日に「フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて」が届きました。

60年代音楽の本ではビートルズやビーチボーイズを扱った物はありましたが、フォー・シーズンズだけの本は今までなかったと思います。

メジャーになる前から現在までのフォー・シーズンズ関連の資料としても価値があるし、読みごたえがある本だと思います。
[PR]
by red_primrose | 2015-06-07 00:40 | 書籍・雑誌 | Comments(0)

チェアマンが6月7日にJリーグ前期優勝の可能性がある為に欧州CL視察をキャンセルしました。
彼自身の「CL決勝を楽しみにしていたのに残念」という発言に憤りを感じます。
バルサやユーベのような海外強豪から学ぶのは大事ですが、Jリーグの仕事よりも欧州を優先しようとしていた行為は残念に思います。

私自身は前期優勝よりも年間優勝に価値があると思っているので、もしも浦和が前期優勝でも通過点と思っていますが、チェアマンの考えを変だと感じることがあるので、彼は本当にJリーグの為に働いているのか疑問に思います。
Jリーグの責任者という立場を軽視するのは残念です。

チェアマンは元々浦和ファンだったと聞いたことがあります。
現在の立場では「中立」になる必要があるのは理解できますが、Jリーグ全体を軽視するのとは別だと思います。
Jリーグで仕事をしてる立場なのに欧州CLを重視するのは外国かぶれだと思います。
[PR]
by red_primrose | 2015-06-06 19:36 | スポーツ | Comments(0)

ドイツのブンデスリーガに所属する「ロイヤルブルー」のユニフォームのクラブで活躍する日本人選手が結婚を発表しましたが、彼自身が「女性ファンが減ってちょうどいい」と発言していたのを知り、気になりました。

私自身はその選手の特別なファンではない立場ですが、その男子選手にとって女性ファンが迷惑な存在だとしたら残念になります。

彼自身もJリーグやブンデスリーガが女性や子供が安心して観戦できるスタジアムを目指してるのを知っているはずなのに、女性ファンが減るのを喜ぶのには何か事情があるのかも知れません。
もちろん、一般的な女性ファンではなく、迷惑行為をする女性ファンが減って嬉しいのならいいのですが…。

もしも女子選手の結婚発表で「私の結婚で男性ファンが減ってちょうどいい」なんて言ったら非難の対象になると思います。

選手の格好良さに憧れるのは若い女性ファンに限ったことではありませんが、マスコミが選手の外見だけでサッカー人気を盛り上げようとするのは残念に思います。
選手の外見でファンになった女性が競技の面白さに気付いて本当のファンに変わるのは歓迎しますが、「結婚した選手には興味がない」という理由で次々に好きな選手を変えるのは残念です。

私自身は選手や芸能人の恋愛や結婚のニュースは騒ぎ過ぎだと考えていますが、ファンならば選手の私生活をそっと見守ることはできないのかなと思います。

女性ファン全てが迷惑行為をするわけではないのですが、その男子球技選手は一部ファンの迷惑行為に苦しんでいたのかも知れません。
男子選手自身が「減ってほしい」と願っている女性ファンは、選手の外見に夢中になって追いかけるような人であり、選手のプレーが好きになって応援を続けている人は含まれていないと思いたいです。
[PR]
by red_primrose | 2015-06-05 21:14 | スポーツ | Comments(0)