d0269903_23154761.jpg

元ストーンズのブライアン・ジョーンズことルイス・ブライアン・ホプキンス・ジョーンズ(Lewis Brian Hopkins Jones)は1942年2月28日に生まれているので、生きていれば本日で72歳になります。

ストーンズ初期のリーダーだったブライアン・ジョーンズのミュージシャン時代から、1969年7月3日に27歳の若さで亡くなるまでを描いた05年の英国映画です。

ブライアンのミュージシャンとしての華やかな時代よりも、酒や薬物に溺れて、人間関係で問題を起こす姿が主に描かれています。


あらすじは以下のような内容です。

元ストーンズのブライアンは自宅のプールで変わり果てた姿で発見されます。

高校時代に不純異性交遊で問題を起こしたブライアンはロンドンに移住してミュージシャンを目指します。

ストーンズのミュンヘン公演でブライアンは恋人になる女性と出合い、交際を始めるが、ブライアンは彼女の影響で薬物に溺れていき、バンドを辞めさせられてしまいます…

(高校時代やストーンズ初期のエピソードはブライアンの回想シーンで描かれています。)


映画では、スモールフェイセズの「Lazy Sunday」やトラフィックの「Paper Sun」など他のミュージシャンの曲が使われています。

ストーンズの曲は使用許可が下りなかったようで、映画で使用されている「Little Red Rooster」や「Not Fade Away」などはストーンズのバージョンに似せたカバー曲です。

R-15指定のため、未成年や潔癖な人には少し刺激が強いと思われる場面がありますが、60年代音楽界の一面を描いた作品だと思います。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-28 23:15 | 映画(映画館・DVD・ビデオ) | Comments(0)

d0269903_0343289.jpg

ストーンズのライブは、生まれて初めてのアリーナ席です。

野球観戦では決して入れない場所なので、どのような席になるのか本当に楽しみです。

※職場での休みの準備もOKです。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-28 00:34 | ライブ | Comments(0)

ストーンズ予習中

d0269903_22382595.jpg

休みの日は、ストーンズのライブに向けてDVDや有名動画サイトを見てライブの予習をしています。

3月6日のライブ当日が本当に楽しみです。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-24 22:38 | 60年代ブリテッィシュ・ビート | Comments(0)

6年前の出来事なので、時効にすべき話だと思いますが、電車内でサッカーファンの立場として残念に感じた経験がありました。

また、この記事を読んだ他球技ファンも残念に思う可能性がありますが、決してその球技を悪く思っているわけではないのでご了承下さい。

私が経験したような出来事がなくなることを願っています。

同時に公共でのマナーを気を付けなければならないと思いました。

More
[PR]
by red_primrose | 2014-02-24 22:31 | スポーツ | Comments(0)

d0269903_2314060.jpg

昨年は浦和レッズのオフィシャルショップで買いましたが、今回は浦和レッズの通信販売を利用しました。

雪のため予定より数日遅くなりましたが、無事に手元に届きました。

昨年はリーグ戦もカップ戦も優勝に届きませんでしたが、今年はもっといい結果につながることを願っています。

昨年見た浦和の試合はホームが3試合、アウェーが1試合の計4試合のため、熱心なサポーターに比べると回数は少ないですが、生観戦のチャンスがあれば心から楽しみたいと思います。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-20 23:01 | 書籍・雑誌 | Comments(0)

d0269903_20153843.jpg

※2月6日に書いた記事の訂正です。

瑞穂町図書館に「大滝詠一特設コーナー」が設けられていました。
展示期間は1月31日までの予定でしたが、2月16日まで延長になりました。

当時のプロモーショングッズやサイン色紙、レコードが展示されていました。
(Tシャツは大滝さんが所有していた物でした。)

CDは一部が貸出し中でしたが、大滝さんの作った作品の根強い人気を感じました。

また、大滝さんへのメッセージを書くノートがありましたが、ファンの方の思いで溢れていました。

私も大滝さんへのメッセージを記入しました。

図書館での展示期間終了のため公開することにしましたが、個人情報にあたる部分は伏字にしています。


2014・2・*

○○市(当時)の中学生時代に、ラジオで大滝さんの曲を聞いて夢中になりました。

それをきっかけに、ビートルズ、ビーチボーイズ、フォーシーズンズなどのオールディーズを好きになりました。

中学時代は大滝さんの曲をエアチェックで聞いていましたが、(申し訳ありません…。)
社会人になってから買った大滝さんのCDは宝物で、今でも大切に聞いています。

昨年末、外出先から帰る電車の中、携帯電話のニュースサイトを見てショックを受けました。

大滝さんの音楽で、古くても良い音楽があることを知ることができました。

今まで本当にありがとうございました。

○○市 ○○ ○○


※中学生時代に住んでいた街に「当時」と書いたのは、21世紀になってから合併で名前が変わったためです。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-17 19:02 | 日本の音楽 | Comments(0)

ベスト盤

d0269903_173685.jpg

写真は私が所有するベスト盤の一部です。

ベスト盤が発売されることが「ミュージシャンの意思に反する」と批判されることがあります。

数年前には、ある日本人ミュージシャンが「私のベスト盤を買わないで下さい」とファンに呼びかけたこともありました。

しかし、ベスト盤で音楽に親しんだ者からすれば、全てのベスト盤に反対はできません。

ベスト盤があることで、若い世代の人や新規ファンが音楽に触れるきっかけになると思います。

私が中高生時代に60年代音楽に興味を持ってからは、当時の銀座にあった中古レコード店の「ハンター」でジェリーとペースメーカーズやピーターとゴードンなどのベスト盤を買いました。

60年代の英国オリジナル盤や東芝音工などから発売された日本盤には手が届かなかったので、70年代から80年代にかけて発売されたベスト盤を購入して大切に聞きました。

残念ながら、レコードプレイヤーを処分した時に全て売却してしまいましたが、中古のベスト盤で60年代音楽の勉強ができたのはいい思い出になっています。

また、公式アルバムが再発されればいいのですが、色々な事情でベスト盤以外の再発がされないミュージシャンの作品もあります。

例えば、デイヴ・クラーク・ファイヴ(以下DC5)です。

60年代当時は英国ではEMI(コロンビア)、米国ではエピック、日本では東芝音工からレコードが発売されていましたが、CDの正式な再発は一部のベスト盤を除いてほとんどありませんでした。

DC5の作品は元リーダーによって厳しく管理されていますが、作品がレアになりすぎたためか、非公式なCDが存在します。
(昨年は非公式CDが発売中止になりました。)

DC5のような事情がある場合は、ベスト盤があるだけでもありがたいと思います。

ビートルズの赤盤・青盤はジョージも選曲に参加をしたとされていますが、理想的なのはミュージシャンが選曲やリマスターに関わっているベスト盤だと思います。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-14 01:07 | 音楽 | Comments(0)

d0269903_1113449.jpg

ワーナーから、ブリティッシュ・ビート50周年記念紙ジャケットCDが発売されています。

数年前に、東芝EMIから発売されたブリティッシュ・ビート40周年シリーズのCDを中古で集めましたが、今回のワーナーのCDは、10年前のEMI時代に販売されていなかった作品や、興味のある作品を買い足す予定です。

「Blue Jeans A' Swinging」は、64年に発売されたスウィンギング・ブルージーンズの英国でのデビューアルバムに20曲のボーナス・トラックが追加されています。

同じジャケットの日本盤CDは「Long Tall Sally」(のっぽのサリー)で始まっていますが、英国盤を元にしたこのCDでは「Ol' Man Mose」で始まっています。

「のっぽのサリー」や「Tutti Frutti」、ボーナストラックの「Hippy Hippy Shake」や「Good Golly Miss Molly」のように飾り気のないな演奏に乗せた直球ストレートなロックンロールが収録されています。

また、「Save The Last Dance For Me」(ラスト・ダンスは私に)や、ボートラの「Promise You'll Tell Her」(恋の約束)のように美しいメロディーの曲も収録されています。

個人的にはボートラの「You're No Good」(悪いあなた)が気に入っています。

スウィンギング・ブルージーンズは「Hippy Hippy Shake」一曲だけで評価されがちですが、それだけで語るのはもったいないバンドです。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-11 01:11 | 60年代ブリテッィシュ・ビート | Comments(0)

d0269903_261942.jpg


※昨年2月8日に書いた記事の修正です。

昨年2月6日に届いたDVDで、イングランドの名門サッカーチーム、マンチェスター・ユナイテッドに実際に起こった事故を題材にした作品です。

英国ではBBCのTVドラマで放映されましたが、他の国では映画館で上映されました。
(一昨年7月に新宿で見た時にブログに書きましたが、8月にも渋谷の映画館でも見ています。)

Wikipediaやマンチェスター・ユナイテッド公式サイトなどを見て粗筋を予想できる作品ですが、実際の出来事をもとにしているために登場人物の運命が分かっているからこそ、何度見ても悲しい気持ちになります。

ハリー・グレッグが事故現場でとった勇気ある行動、最期まで病室で次の試合のことを考えていたダンカン・エドワーズ、事故のショックから立ち直って試合に復帰したボビー・チャールトンなど、主要人物のエピソードを見て涙が溢れてしまいました。

そして、入院中のマット・バズビー監督に代わって指揮をとったジミー・マーフィーコーチのチーム復活への行動に胸が熱くなりました。

ジミーが遺族の対応をしている場面や、亡くなられた選手・クラブ関係者の棺が体育館に安置されている場面を見た時には、数年前に見たTVドラマ「上を向いて歩こう・坂本九物語」を思い出しました。

ビッグクラブの華やかな面に目を向けるだけでなく、過去の悲しい事件を知ることも大切だと思いました。

そして、尊い人命が失われる事故が二度と繰り返されることがないように願っています。
[PR]
by red_primrose | 2014-02-06 23:19 | 映画(映画館・DVD・ビデオ) | Comments(0)