浦和レッズ前期優勝の扱い

d0269903_1859461.jpg

d0269903_18594620.jpg

日刊スポーツは家庭配達では浦和前期優勝でしたが、駅売りは音羽山親方(貴ノ浪、本名浪岡貞博氏)の訃報でした。

43歳の若さで亡くなられた音羽山親方(貴ノ浪)がスポーツ紙の一面になるのは当然ですが、前後期制になってもJリーグのスポーツ紙の扱いはあまり変わらないと思いました。

その他のスポーツ紙の駅売り一面です。
スポニチ→浦和レッズ
サンスポ→浦和レッズ
デイリー→マートン(阪神)
東京中日→貴ノ浪
報知新聞→高橋由伸(巨人)
[PR]
by red_primrose | 2015-07-02 18:59 | 浦和レッズ | Comments(0)