We are REDS! THE MOVIE〜minna minna minna

d0269903_1285960.jpg

先日、浦和美園の旧ワーナーシネマズで「We are REDS! THE MOVIE」の続編を鑑賞しました。
花粉症や腰痛でなかなか見ることができなかった作品ですが、ようやく見ることができました。

前作品の続きで、14年キャンプから最終戦までのエピソードを扱っていましたた。
無観客試合や優勝争いに敗れる場面は見ていて辛くなりましたが、色々な立場の人が浦和レッズを支えてることは誇らしく思います。

浦和の無観客試合ではスタジアム周辺は厳重な警備態勢でスタジアムに近づくことは許されませんでした。
映画では、居酒屋やスポーツバーに集まってTV中継で試合を「観戦」している場面がありました。

一部のサポーターには外国人は要らない(ただしサッカー強豪国がある欧州・南米は歓迎)という立場や、他のクラブからの選手をよそ者扱いする人もいます。
しかし、映画に出ていた男性サポーターは「選手の好き嫌いはあるかもしれないが、浦和の選手ならば応援する」と語っていました。

浦和レッズの映画では、女性サポーターが大宮サポーター達と試合前に食事を楽しむ場面がありました。
世間から浦和サポーターは差別的でよそ者を排除してるように見られているが、実際にはそうではないと思います。

Jリーグや浦和サポーターにを愛している人だけでなく、むしろ偏見を持っている人にこそ見てもらいたい作品だと思います。
[PR]
by red_primrose | 2015-05-02 12:08 | 映画(映画館・DVD・ビデオ)