ポール・マッカートニーライブ @東京ドーム(4月23日)

d0269903_14415750.jpg

d0269903_14415753.jpg

総武線に乗っている時に解体中の国立競技場が見えました。
国立では昨年ポールのライブが行われる予定でしたが、残念ながらポールの急病で全公演が中止になりました。

スケジュールの関係で幻のライブに行く予定はなかったのですが、国立でのライブに行く夢を見たことがありました。
国立にはサッカーなどのスポーツ観戦で何度も行ったことがあるし、見学会もあったのでそれらの記憶が混じって見た夢だと思います。

今回のライブの座席は内野席1塁側の2階席でした。
会場全体がよく見渡せる場所でした。
ただし、傾斜が急なので、高所恐怖症には厳しい席だと思います。

私は60年代音楽ファンなので、好きな曲や知っている曲がビートルズナンバーに偏っていますが、ウイングス時代の曲や最新作まで楽しむことができました。

「死ぬのは奴らだ」では火を使う演出がありましたが、その次の曲の途中で私の席まで火薬の匂いが伝わってきました。

前回は急病で全公演が中止になったのでポールの健康が心配になっていましたが、今回のポールは元気だったので安心しました。

心から楽しい時間を過ごせました。

※静止画は撮影可能ですが、動画撮影やプロ用カメラの使用は禁止されています。
(1枚目の写真は開演前です。)



ポール・マッカートニーに限らず、ライブに行く人は偽グッズに注意してほしいと思います。
会場内や会場の敷地内で売っているのは本物で、駅前や路上で売っている物は偽物です。

サッカー会場の周りでも日本や海外の代表チームや海外有名クラブのユニフォームの偽物、または選手の無許可生写真を売っていることがありますが、偽グッズの屋台で偽グッズを買う人を見ると残念な気持になります。

今回のライブ会場では「偽グッズを買わないで」という注意事項や呼びかけはなかったと思います。
[PR]
by red_primrose | 2015-04-25 14:41 | ライブ