愛媛FCの問題

愛媛FCが2012年と2013年の赤字を隠す不正会計をしていたことが明らかになりました。

Jリーグにはクラブライセンスの制度が存在し、3年以上赤字だとクラブとしての資格を失う規定があります。

クラブは退職した経理担当者だけの問題にしていますが、それだけではないと思います。
詳しくは判明していませんが、彼自身もクラブ上層部からの圧力を受けていたのではないかと思います。

以前の大宮は観客水増しの問題を起こしていて制裁金の処分を受けたことがあります。
大宮とは問題の大きさは異なりますが、クラブやスポンサーからの圧力が原因であるのは共通していると思います。

今回の問題はクラブの不正行為であり選手やサポーターは無関係ですが、浦和の無観客試合よりも重い処分になるのではないかと心配になります。
[PR]
by red_primrose | 2015-01-18 00:13 | スポーツ