清水エスパルスvs浦和レッズ @エコパ(9月13日)

d0269903_14312161.jpg

d0269903_14312226.jpg

2014年J1リーグ

清水エスパルスvs浦和レッズ @エコパ

清水 1 - 浦和 4

森脇良太(浦和)22分
李忠成(浦和)28分
槙野智章(浦和)72分
平岡康裕(清水)76分
オウンゴール(浦和)90+1分

遠距離のために観戦を諦めていましたが、直前に都合がついたので観戦を決めました。
今回はメインスタンドのビジター専用エリアで観戦しました。

JFAによる差別撲滅の啓発活動の一環として、浦和の阿部勇樹と清水の平岡康裕が差別撲滅宣言を読み上げてから試合が始まりました。

前回の浦和vs清水の試合は浦和の差別問題の制裁が理由で無観客で行われました。

その時に生観戦を予定していた両クラブのサポーターの気持ちを思うとと複雑になりますが、スタジアムでサッカー観戦ができることを大切にしなければならないと考えることにしました。

試合は1-4で浦和が勝ち、首位をキープしました。
残り試合は全てリーグ戦ですが、事件のダメージを塗り替えるような結果になることを願っています。

試合前やハーフタイムに「フライト・ゲーム」(原題はNon Stop)という、飛行機内での殺人事件の映画のCMを場内のスクリーンに映していました。
清水のスポンサーはJALなのに、JAL関係者が見てたら…と思うと心配になってしまいました。

行き返りは新幹線を利用しました。

行きのこだま号は禁煙席が売り切れだったので喫煙席でした。
煙草は苦手なので掛川までは我慢しました。
帰りのこだま号は奮発して禁煙グリーン車にしました。

掛川駅から白いシャツとグレーのスラックスを着た見覚えのある顔の団体客(全員男性)が乗車しました。
浦和の選手や関係者達でした。

私はユニフォーム姿のままだったので、選手に「お疲れ様でした」と声をかけましたが、車内では選手や関係者の迷惑にならないように行動しました。

掛川駅ホームにはサインや写真をねだる人はいましたが、車内では選手に迷惑をかけるような人は見かけませんでした。

※ある音楽ジャンルだと、芸能人とファンが同じ車両に乗ることが禁止されているらしいという話があります。
[PR]
by red_primrose | 2014-09-14 14:31 | 浦和レッズ