We are REDS! THE MOVIE〜開幕までの7日間〜 @旧ワーナーシネマズ浦和美園

d0269903_010559.jpg

浦和美園駅近くの旧ワーナーシネマズで「We are REDS! THE MOVIE〜開幕までの7日間〜」を見ました。

普段は見ることができない練習場やスタジアムでの選手達や監督の様子だけでなく、クラブを支えるスタッフの仕事振りや、浦和を応援するサポーターの姿が取り上げられていました。

映画に出演したサポーターはゴール裏の熱血タイプではなく、家族連れや落ち着きのある大人ばかりでした。
埼玉スタジアムの客席で応援をする人だけでなく、スタジアムでのボランティア活動をする人もいました。

差別事件が問題になったことから、浦和サポーターの悪い面ばかりが取り上げられていますが、ほとんどはサポーターの立場で浦和レッズを地道に支える人だと思います。

映画を見て気が付いたことですが、選手が使う施設の部屋の壁に、11年の震災で被害を受けた岩手県大槌町の子供達から送られた感謝状が飾られていました。

選手は社会貢献のために努力をしているのに、ホーム開幕戦での一部サポーターのやった愚かな行為で選手まで連帯責任を負わされて3月23日の清水戦が無観客試合の厳罰になったのは本当に残念です。

浦和だけでなく、J3の北陸地方のクラブで対戦相手クラブの選手に対して差別発言があったり、J2の北の大地のクラブでサポーターが選手に罵声を浴びせるだけでなく、他のサポーターに水をかけたりする卑劣な行為がありました。

サッカーや他のスポーツに限らず、スタジアムでのトラブルは二度と起こってほしくはありません。
[PR]
by red_primrose | 2014-06-10 00:10 | 映画(映画館・DVD・ビデオ) | Comments(0)